大津市で新築一戸建てを購入する時のローン審査

subpage-img

大津市で新築一戸建てを購入する時、ほとんどの人はローンを組むことになるでしょう。

新築一戸建てを購入する時は、タイミングをよく考えておきましょう。

建築されてから1年以上が経過すると中古物件になってしまうので、11ヶ月目に購入する人は、注意が必要です。

大津市の土地の有益な情報をお届けします。

しかし、11ヶ月目くらいになると、値下げ交渉が成功する可能性もそれなりにありますので、逆に安く購入したい人にはおすすめの時期でもあります。



新築一戸建ての価値は、ローン審査にも影響しますので、なるべく相場通りの値段で購入したいところです。大津市で新築一戸建てを購入する時のローン審査では、正社員の人が一番有利になります。

芸能人のように、高収入だが、不安定な職業に就いている人は不利になります。
個人事業主の人などは、高い収入を得ている人も多いですが、なるべく一括で購入するか、頭金をたくさん用意するかしておくべきでしょう。

大津市というエリアは、将来に需要がなくなるということはないと思われますが、将来の価値の減少の可能性についても考えておきましょう。老後もずっと住み続ける予定の人も、なにかの事情があって、将来に物件を売却することになる可能性も考えておきましょう。

ローン審査では、頭金をたくさん用意するほど有利になります。


契約社員や派遣社員の人でも、頭金を2割〜3割程度用意できるならば審査に通る可能性もそれなりに高いという意見があります。
ローンの借入額が減り、利息も節約できるというメリットもあります。



top